B1
B2

B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト 2016年秋開幕!男子プロバスケットボールリーグサイト

COLUMN

スタイルが明確なA東京、統率力光る三遠
アナリスト視点でBリーグを見よう(4)

編集◎スポーツナビ(元記事)

初年度のB.LEAGUE(以下Bリーグ)がいよいよクライマックスを迎えようとしている。スポーツナビではBリーグ初代王者が決まる5月13日からのB.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17(CS)に向けて、大会ナビゲーターに就任したバスケットボール解説者・NBAアナリストの佐々木クリス氏協力のもと、プレーデータを活用したCSの楽しみ方を連載形式でご紹介する。今回は、準々決勝で相まみえるアルバルク東京と、三遠ネオフェニックスのシーズンデータから、チームの特徴を解説してもらう。

本記事で扱うデータは、Bリーグが競技力向上のためにB1に導入したバスケットボール専用の分析ツール「Synergy」の数値を元にしている。Bリーグ初年度のクライマックスを、データとともに楽しんでいただきたい。

文◎佐々木クリス

■ アルバルク東京(A東京)

記念すべきBリーグの開幕戦を戦ったエリート軍団。A東京は60試合を終えてリーグNO.1の守備力を誇り、得点効率もリーグ4位と、攻守にわたって正にエリートチームと呼べることを証明した。また数あるクラブのなかで、これだけ充実したスタッフを抱えるビッグクラブはなかなか見つからない。伊藤拓摩ヘッドコーチ(HC)を含めたコーチ陣のバックグラウンドは海外のバスケットボール文化へのつながりも感じる上、ベンチにはアナリストも置き目指すべく方向が数字にもくっきりと表れるバスケットボールを展開している。

まずハーフコート・ディフェンスがリーグ最高である証拠として、相手に許すeFG成功率は47.2%(※1)と栃木ブレックスと並んでリーグ最小となっていることを挙げたい。特に守備の99.3%を占めるマンツーマン・ディフェンスはリーグNO.1で、相手はその圧力に消耗し切ってしまうのだ。(5147回の相手攻撃権の内、ゾーンディフェンスを敷いたのはわずか31回)

守備の仕方を考える時、相手のシュート成功率を下げるタイプと、ターンオーバーを誘い相手の攻撃回数を減らすタイプに分類できる。相手からスティールし、速攻につなげる守備は魅力的だが、スティールに失敗した場合は相手に高確率なシュートを許すハイリスクな戦術とも言える。A東京の守備は堅実かつ強固で、“悪いシュート“で相手の攻撃を終わらせることにフォーカスされている。特に入る見込みの低いエリアでのシュートを仕向けることに多大な労力を惜しまない。相手から誘うミスの数は100回の攻撃権あたり14.8回と平均的だが、相手のシュートミスからでも走る。しかもその決定力はNO.1と非常に危険だ。

以下に40試合以上出場し、40回以上速攻時にシュートを放っているA東京の選手の得点期待値(=得点力)を並べた。

松井啓十郎 1.353(5位)
田中大貴 1.274(10位)
竹内譲次 1.26(12位)
ディアンテ・ギャレット 1.219(24位)
※カッコ内は外国籍選手も含めた該当選手におけるリーグ内順位

ギャレットの決定力が低いと考えられるかもしれないが、速攻はどの選手でも期待値が高いもの。この記録でも十分な数値である上、ギャレットが速攻でシュートを放った機会は201回とBリーグ全体でもジュリアン・マブンガ(滋賀レイクスターズ)の222回、タイラー・ストーン(千葉ジェッツ)の216回に続いて3番目に多い。このことからもA東京の守備から一気に攻めに転じるスタイルをギャレットがけん引していることは、熱心に試合を観戦している方でなくとも納得していただけるはずだ。

■ ギャレットと田中の特筆すべきデータ

速攻以上に、A東京の攻撃における最大の特徴はピック&ロールだろう。特にギャレットはボールを保持した状態でスクリーンを受けた後に、自身でシュートに持ち込む機会がリーグで最多の371回。同じ状況下で300回以上シュートを放った選手は、千葉の富樫勇樹、滋賀の並里成と秋田ノーザンハピネッツの安藤誓哉の3選手しかいない。実はこのタイプのシュートの決定力は、リーグの選手全体では決して高い数値を出していない。しかしながらギャレットは1試合で1回以上ピック&ロールを使ってシュートを打つ選手の中ではリーグ3位の得点効率0.933ppp(ppp=Points Per Possession)を誇り、各チームが恐れるだけある。(1位は比江島0.99ppp、2位チルドレス0.984ppp、pppのリーグ平均は0.712で目指すべき数値は1.0)

次にチームで多いのは田中の216回で、効率こそギャレットには及ばないが得点への意識改革をもって臨んだ今季の気持ちの表れとも言える。

ピック&ロール時にボールを保持する状況下で、この2人が放ったシュートの合計は実に587回。これはチーム全体で582回の新潟アルビレックスBBをはじめ、三遠ネオフェニックス(556)、横浜ビー・コルセアーズ(553)、京都ハンナリーズ(543)、大阪エヴェッサ(531)、シーホース三河(513)、富山グラウジーズ(501)、サンロッカーズ渋谷(473)よりも多い。

ピック&ロールの絶対数とも相関関係があるこのプレーをチームメート2人で次に多く行うのは、千葉のタイラー・ストーン&富樫で508回。A東京の2人と千葉の2人だけがリーグで500回以上を記録しているのが大きな特徴だ。

eFG%のコラム(※1)で解説したように、ピック&ロールの成功には外角のシュート力が大きく関わる。この2人を囲むチームメートのスポットアップ(シューターが外に広がってスペース=スポットを開けるプレー)からのシュート精度も0.947pppでリーグ5位。C&S(キャッチ&シュート/キャッチしてすぐシュートするプレー)の53.5%はノーマークということからも、内から外、外から内の相乗効果が見て取れる。攻撃のオプションとしてポストアップからのシュート機会が全体の7.4%とリーグで4番目に少ないが、ピック&ロールからポゼッションを消化した全2558本のシュートはポストを起点にせずとも多くの成果を得ているということだ。

外国籍の入れ替えや、けが人の状況から立て直しを求められ完成度もピークとは言えないながらも、A東京は明確な方向性がリーグ戦では打ち出されており、チームスタイルは色濃く出ている。

■ バランスの良さが数値に表れる三遠

A東京とB.LEAGUE QUARTERFINALS 2016-17(CS準々決勝)でしのぎを削るのは三遠。このチームのバランスの良さを過小評価してはならない。そしてハートの強さも。シーズンを通じて、自チーム得点効率と相手チーム得点効率の水準が共にリーグTOP5に入るチームはA東京、千葉に加えてこの三遠だけだと言うことをまずお伝えしておこう。

ただ自ら犯すターンオーバーも決して少なくない。その数はCS進出チーム中、琉球ゴールデンキングスに次いで2番目に多い。スティール数からも分かるように運動能力が高い選手がいるので、速攻時の相手の決定力は7番目に低く抑えられている。それだけに、自らのターンオーバーを減らすことができれば、もっと優位性を打ち出せる武器になる。

シュート決定力をみると、eFG%は50.73%とリーグ4位。この高確率につながった要因を細分化すると、シュートセレクションのバランスが非常によく、攻守にわたって自身の得手・不得手を正確に把握しながら戦術を組み立てていることがうかがえる。リングに近く、どのチームもまずはアタックしたいペイント内での得点はリーグ4位の1試合平均35.1点。比べて、リーグで平均的に効率が伸びないペイント内以外での2pシュート=ミドルレンジから挙げる得点は全得点の11.3%に抑えており、リーグで5番目に少ない。3pシュートは頻度、確率共に平均的と言えるが、内外のバランスで高水準を生み出していることは間違いない。

もうひとつ、戦術分析の上でチームとして質の良いシュート機会を得られているかを示す指標にC&Sがあるが、三遠のC&Sの50.3%がノーマークとなっており、大部分が3pシュートと仮定すると及第点以上だろう。また守備においては、このC&Sをよく抑えている。相手のC&Sの実に58.7%に対してコンテストと呼ばれるシュートチェックをしており、リーグ1位の数値だ。これはタフな仕事に明確な意図を持って取り組んでいる証拠で、FG(フィールドゴール)全体で見ても非常に低く抑えられているため、三遠と対戦する際は個で打開できる選手がキッチリと仕事をしなければ苦戦をしいられるだろう。

バランスの良さ、チーム力‐三遠を分析しているとこうした言葉が浮かび上がってくるが、最も象徴的なデータがさらに彼らの「規律正しさ」と「チームとしてのタフネス」を物語っている。

そのデータは、攻撃側がシュートをミスした際のオフェンスリバウンドとの相関関係が強い「セカンドチャンスポイント」だ。オフェンスリバウンドの直後にリング周りで流し込んだり、ディフェンスももみくちゃになり3pシューターのマークが外れていたり、攻撃側としては攻撃権が1回増えるばかりか、次に放つシュートは高確率になりやすい、守備側にとっては手痛いプレーだ。

三遠はこのセカンドチャンスポイントがリーグで2番目に少ない平均6.7点。そう、少ないのである。

■ リーグ最高峰のトランジション・ディフェンス

得点の多さを競う競技でありながらも、この強力な武器にもなり得る種類の得点が少ない、その真の意味はもうひとつの指標と併せてみる必要がある。それが、相手に許す速攻の頻度だ。

三遠は相手の速攻を相手攻撃全体の9.2%にとどめており、リーグで最も少ない。さらに相手が多少強引に攻めたとしても期待値を1.004とリーグで3番目に低く抑え、人数をかけたトランジション・ディフェンスが質・量ともに高水準でリーグ最高峰となっている。

今のデータをかみ砕くとこうなる。三遠はオフェンスリバウンドで絶対的優位に立てる人材がそろっていない。ならば3人オフェンスリバウンドに参加させるよりは、シュートを放ったら1人はリバウンド、残りはみな自陣に戻って待ち構えることに労力を費やそうということ。

バスケットボール経験者の中にはオフェンスリバウンドに参加して相手にスムーズにリバウンドを取らせない方が速攻の抑止力になるのでは?と思われる方もいらっしゃると思う。しかし、どのくらいのチャンスがあってリスクがあるのか、冷静な分析をした結果、三遠は2014年にNBAを制したサンアントニオ・スパーズが当時取り入れていたこの考え方を実行しているのである。

この戦術からみえる三遠の素晴らしさは、数字以上のものがある。それはバスケで最も地味で、時に苦痛を伴う守備への戻りを誰1人として怠っていないこと。時に絶対的エースは得点に意識やエネルギーが偏り、一般には評価されにくい守備への戻りをおろそかにしてしまう。「多少戻りでさぼっても俺が取り返せばみんな何も言わない」と慢心したり、審判に抗議するあまり守備に加われない選手を見たことがあるはずだ。

心の持ち方が大きく試合に影響するのは言うまでもないが、特に攻撃から守備に切り替わる瞬間が、鍛え上げた一流バスケットボール選手でももろさを見せる落とし穴なのだ。

この考えをチームで徹底するのは難しい。統率を取るためには千差万別の選手の動機付けの仕方も把握する必要がある。藤田弘輝HCはバスケットボールにおいて「最もDiscipline(規律)が必要なこと、これにプライドを持って取り組んでいる」と話し、これを遂行する選手達の評価を惜しまない。

■ マッチアップ

今シーズンA東京と三遠の対戦は11節の2試合のみ。その際はA東京が2連勝を収めている。外国籍選手が入れ替わった後(22節以降)のA東京の勝率は15勝8敗と強さを見せているが、栃木や千葉との対戦では7試合中6敗と完成度の高いチームには負けている。

ギャレットを筆頭に堅守から走りたいA東京。対して相手の速攻阻止がリーグNO.1の三遠。バランスの良い三遠がA東京を土俵際まで追い込んでも不思議ではない。

(データ提供:B.LEAGUE、グラフィックデザイン:相河俊介)

LATEST COLUMN

最新記事